白髪と年齢

白髪は年齢を重ね、年を取るにつれて自然となっていく現象ですが、一般的には男女とも30歳を超えた頃からと言われています。

 

30歳を過ぎたあたりは、白髪が数本黒い髪の毛に混じると言った感じで、全体の半分程が白い髪になるのは55歳くらいだと言われています。

 

年齢を重ね白髪になると言うことは、メラニンを作る力が老化と共に衰える為だと言われていますが、最近は若い人の間でも増えているのです。10代や20代の若者にも白髪が増えているのは、精神的なストレスや生活習慣によって起こると考えられています。

 

若い年齢の人たちはこれからの成長のため、栄養素を沢山摂取する必要があるのですが、ダイエットの影響や、お弁当などの食生活によって髪の毛に行く栄養が取れていないのです。

 

髪の毛に栄養分が行かなければ、髪にはダメージになり、白髪の若者が増えてしまうと言うわけです。

 

また若い年齢の人たちのストレスも白髪の影響は大きく、受験勉強など脳を酷使した挙げ句、髪の毛に必要な血液が不足してしまうのです。

 

髪の毛に流れていく血液不足によって、若白髪になってしまいます。
白髪は、昔は30歳を超えたら徐々に増えるのが当然でしたが、これから先は若い人の白髪がもっと増えていくと考えられます。